借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

利息制限法


 利息制限法とは、消費者保護の目的で制定された民法です。
 貸付契約において貸付がされる額に応じて段階的に利息の上限額が設定され、上限金利を越える金利設定で行われた契約が交わされた場合、上限利息を超える部分は無効となる法律です。

 しかし、利息の上限を定める法律にはもうひとつ出資法があります。
 民法である利息制限法の上限を超えても罰則はありませんが、出資法は刑法であるために違反すれば罰則規定があります。
 そのため、利息制限法の上限を超えて出資法の枠内で行われる貸付契約が大変多く、「グレーゾーン金利」と呼ばれて問題になっています。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.