借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

債権認否一覧表


 債権認否一覧表というのは、民事再生の申立てをする時に弁護士が作成し、個人再生委員に提出する書面のことです。

 事件受付から1ヶ月程度が経った頃に、裁判所から再生手続の開始決定がおり、それと同時に債権者にも同様の通知が送付されます。
 通知を受け取った債権者は、債権額の届出を個人再生委員に行います。

 この届出は弁護士に提示され、弁護士は債権額に相違ないかどうかを確認し、それを債権認否一覧表にまとめ、個人再生委員に提出するという流れになります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.