借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

債務整理の必要書類 〜状況によって必要となるもの〜


 債務整理の手続きを弁護士に依頼した場合、状況によって以下のような書類が必要になる場合があります。
 全ての書面を揃えることができないと手続きができないわけではないので、どうしても用意することができない書類がある場合には、弁護士に相談してみましょう。

 ・給与所得者の場合
  →直近2ヶ月分の給与明細と前年分の源泉徴収票
 ・退職をし、退職金の支給を受ける場合
  →退職金計算書
   勤めていた会社に申請し、取得します。
 ・生命保険に加入している場合
  →生命保険証書
   以前加入していて、現在は解約している場合には解約払戻金計算書。
 ・年金や生活保護などの公的な扶助を受けている場合
  →受給証明書
 ・車を所有している場合
  →車検証
 ・不動産を所有している場合
  →不動産の登記簿謄本
   過去に所有していた場合も必要です。
   当該不動産の住所地の法務局で取得します。
 ・資産の仮差押え、あるいは差押えを受けている場合
  →差押え処分の決定正本(裁判所が送付したもの)

 また、クレジットカード会社に債務がある場合には、所有している全てのクレジットカードの提示を求められる場合もあります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.