借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

個人民事再生


 個人民事再生は、個人再生とも呼ばれる手続きで、2001年の4月から始まったばかりの新しい債務整理の方法です。

 個人民事再生は、「民事再生法」という法律に基づいて定められた制度です。
 そのため、他の債務整理の方法と比べるとまだ認知度が低いようですが、債務を整理する手段としては債務者にとって有効なものです。
 ただし、この制度を利用するには条件があり、住宅ローンを除く債務の総額が5,000万円を越えておらず、一定の収入を将来的に見込むことができる場合に採択することができます。

 個人民事再生の手続きは、弁護士などの法律の専門知識を持つ人の手によって作成された再生案(返済計画)を裁判所に認可してもらいます。
 そして認可後、原則3年間の再生計画通りに返済を行うことができれば、残りの債務が免除されることになります。
 最低100万円の債務は返済することが義務づけられ、段階的に返済額の下限が定められています。
 それを越える債務の支払義務は免除されるのです。

 このように個人民事再生は、大きく債務額を軽減させることができるため、近年注目されている債務整理法なのです。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.