借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

手続き後に申請していない債務がある事に気付いたら?


 債務整理の手続きが完了し、ホッと一安心した矢先に、申請していない債務があることに気付くということは、債権数が多い債務者の場合ありがちなことのようです。
 こうした場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

 手続き後に未申請の債務の存在に気付いた場合、弁護士や司法書士に依頼して債務を整理した方は、すぐに債務整理を担当してもらった弁護士や司法書士に連絡を取り、その旨を伝えることが重要です。
 後から出てきた債務の額によっては、最適な債務整理の方法が変わる可能性もあります。

 また、自己破産の手続きをした場合には、故意に申告しなかった債権がある場合、それについては免責されず、非免責債権となる場合もあります。
 故意でなく、うっかり忘れていたような場合には免責されますので、至急申告手続きをする必要があります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.