借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

個人民事再生のデメリット


 個人民事再生は、大幅に債務総額を減らすことができる制度ですが、誰もが簡単に利用することができるものではなく、様々な要件を満たしていることが必要となります。

 債務総額は、住宅ローンを除いて5,000万円を越えていないことと、継続的に一定の収入を得る見込みがあることというのがもっとも大きな要件です。
 その他にも最低弁済額に関して細かい設定があり、小規模個人再生の場合になると、再生案を裁判所に認めてもらうには債権者の反対数などが一定の基準を満たす必要があるといった取決めもあります。
 そのため他の債務整理の方法よりも難しい手続きをとることになります。

 また、個人民事再生も債務整理のひとつなので事故扱いとなり、一定の年数が経過するまでは新規での借入などはできません。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.