借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

個人民事再生の種類 〜小規模個人再生〜


 個人民事再生の手続きには2種類の方法があり、そのうちのひとつが「小規模個人再生」と呼ばれるものです。
 小規模個人再生は、一定の収入を継続的に得られる見込みがあり、尚且つ住宅のローンを除いた債務の合計が5,000万円を越えない場合に利用することができます。

 小規模個人再生を選択した場合には、基本的に3年間をかけてあらかじめ決められた債務を返済していく必要があります。
 そしてその額は、法定の最低弁済額と保有資産の合計額とを比較し、金額の高い方が最低返済額として設定されます。

 また、小規模個人再生では、弁護士などの専門家が作成した再生案(債務の返済計画)を裁判所に認めてもらう必要があります。
 裁判所の認可を得るためには、債権者の半数を超える反対を受けず、反対する債権者が存在する場合には、その債権者の債権の合計額が債務総額の50%未満である必要があります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.