借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

個人民事再生と自己破産との違いは?


 債務整理の手段として「個人民事再生」と呼ばれるものがあります。
 個人民事再生は、2001年の4月から始まったまだ歴史の新しい制度ですが、自己破産とどのような点が異なるのでしょうか。

 自己破産の場合、免責されると債務の弁済を全て免れる代わりに高額資産は全て処分しなければなりません。
 それに対し個人民事再生の場合には、住宅を所有したまま債務の整理を行うことができます。
 また、個人民事再生は債務が大幅に減額されますが、再生案で定められた返済額は3年間きちんと返済する義務を負います。

 その他に相違点として挙げられることは、自己破産の手続きには免責不許可事由というものがあり、免責されにくい債務があるのに対し、個人民事再生にはそのような制限はないという点です。
 ただし、個人民事再生には個別で利用するための要件があり、その条件を満たす必要があります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.