借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

任意整理後に支払いができなくなったら?


 任意整理による債務整理を行った後は、3年間を目処に返済計画に沿った弁済を行っていくことになります。
 しかし、何等かの事情により合意した和解内容通りの返済を続けることが厳しくなった場合には、どうすれば良いのでしょうか。

 そんな場合には、一人であれこれ考えていると事態が悪い方向へと進みかねません。
 返済に困るような状況に陥った場合には、手続きを依頼した弁護士にすぐに相談することが大切です。
 弁護士は現状と将来の見通しから総合的に対処法を判断し、最善と思われる対応策を債権者側に提案してくれます。

 一時的な状況である場合は、一定期間の支払の猶予を、長期的に返済が難しい場合は和解内容を再度組み直してもらえるよう交渉することになります。
 もしも収入がなくなるなどの事情で、そういった対応でも返済が困難な状況に陥った場合には、自己破産手続きをとるなどの措置を視野に入れ、対応を考えることになります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.