借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

任意整理をする債務に保証人がいる場合


 任意整理による債務整理を行う場合、手続きの対象となる債務契約に保証人が存在する場合、保証人に何等かの影響が及ぶことはあるのでしょうか。

 任意整理を司法書士や弁護士を介して行った場合、債権者には「受任通知」という書面が届きます。
 これは弁護士を通じて債務整理の手続きが開始されたことを通知するもので、この通知が届いた以降は、債務者への督促行為をすることは、法律により禁じられています。

 しかし、この効果は保証人までには及ばず、債務者本人に請求することができなくなった債権者は、保証人に請求を始めることになります。
 保証人が返済をせず債務から逃れるには、債務者と同様に任意整理などを行うしかありません。
 そのため、任意整理を行う場合は、必ず事前に保証人とよく話し合った上で決めることが重要となります。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.