借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

任意整理のデメリット


 任意整理の制度を利用して債務整理を行う場合、デメリットとなることが発生することもあります。

 任意整理は、弁護士や司法書士に間に入ってもらうことができますが、自分で手続きをすることもできます。
 この場合、裁判所が介入しない任意の交渉となるために、債権者である金融業者が話し合いに応じてくれなかったり、不利な条件での和解案を提示されることもあるようです。

 また、任意整理は金融業者で事故扱いとなるため、手続き後一定の年数が経過するまでは、新規でのカード作成や借入を行うことができなくなってしまいます。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.