借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

弁護士と司法書士 どちらに依頼する?


 債務整理は自分で申立てができる手続きもありますが、日常ではあまり縁のない専門的な手続きになります。  また、債権者側が債務者本人が相手の場合には話し合いに応じてくれないことも多いことから、債務整理をするほとんどの方が司法書士や弁護士といった法の専門家に手続きを依頼します。
 司法書士と弁護士とでは、債務整理を依頼した後の違いがあるのでしょうか。

 債務整理を司法書士と弁護士、どちらに依頼するかということは、整理をする債務総額によって決めた方が良いでしょう。
 というのも、司法書士が裁判での訴訟代理権を認められているのは、債務総額が140万円以下で尚且つ家庭裁判所で手続きを進める場合のみに限定されているからです。
 従って、140万円を越える債務があり、地方裁判所で訴訟をする場合には弁護士に依頼をしないと、自分で申立てをしなくてはいけなくなります。

 自己破産手続きの場合にも、どちらに依頼するかで違いがあります。
 自己破産は、地方裁判所で手続きをすることになります。
 そのため司法書士には訴訟代理人となる権利がなく、自分で申立てを行うことになります。
 また、手続きの期間においても、弁護士の場合はすぐに手続きを進めることができる制度があるため3ヶ月から4ヶ月で手続きが完了しますが、司法書士にはそのような制度がなく、半年ほどかかることもあります。

 さらに裁判所へ支払う予納金も、弁護士が代理人となっている場合は20万円、そうでない場合には50万円はかかるなど、費用面でも違いが生じます。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.