借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

債務整理による再生が可能となるポイント3


 法人が債務整理による再生を試みる場合、自社に採算部門があるかどうかということも大変重要な意味を持つことです。
 不採算部門はあっても採算部門はないというのでは、債務を整理したところで応急処置にしかならず、しばらく時間が経てば元の木阿弥となってしまいます。

 採算部門を持っていないという場合には、採算部門を作るための取組みを早急に行うことが重要な課題となります。
 企業の方向性や同業者の競合の度合い、採算性などを総合的且つ客観的に判断し、経費の見直しを進め、伸び率の良い事業に特化して業務を進めていくことで、立て直しの道筋が拓けてくるかどうかということを冷静に検討することです。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.