借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

自己破産の事実はずっとついてまわる?


 自己破産の申立てをすると破産者となりますが、その事実がずっとついてまわり、社会的に不利益を被るようなことが続くというような心配はあるのでしょうか。

 破産の申立て後、免責が決定するまでには数ヶ月かかります。
 手続きが完了するまでの期間は、同時廃止の場合でおよそ3ヶ月、少額管財の場合で長くても6ヶ月程度です。
 この期間は職業の制限や長期の旅行などの制限を受けますが、免責の決定後はこうした制限は解消されます。

 長年に渡る制限といえば、新規の借入やカードの作成が5年から10年の間できないということがありますが、それ以外に長期間制限を受けることはありません。
 また、自己破産したからといってその事実が周囲に知れ渡るということも、自分から告げない限りはほぼないでしょう。

 破産の事実が住民票や戸籍謄本に記載されることはありませんし、勤め先を辞めなければいけないということもありません。
 選挙も通常通り投票できますし、家族が結婚や就職する際に嫌な思いをすることもありません。
 破産することによって、一般的な生活を妨げるようなデメリットは、ほとんどないといって良いでしょう。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.