借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

自己破産することのデメリット 〜日常生活〜


 自己破産の申立てをすることで、普段の生活において何かデメリットとなることはあるでしょうか。

 まず、破産してから5年から最大で10年程度、新しくクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、新規の借入をすることができなくなります。
 自己破産をしたことが事故情報として信用情報機関に登録されてしまうため、この情報が一定年数の経過によって消えるまでの間は審査に通らなくなるのです。

 また、免責が決定するまでの間は、裁判所などとのやり取りがスムーズに進むようにという理由で、国内を出ることを制限される場合があります。
 国内であっても、長期間の旅行などは裁判所の許可を得る必要があります。

 そしてもうひとつ、管財人が選任されている場合、宅配便を除く通常の郵便物は管財人の下へ転送され、中身の確認が行われます。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.