借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

自己破産しても維持できるもの


 少額管財で自己破産の手続きをした場合、債務者が保有する高額資産は管財人によって管理、処分され、債権者に分配されることになります。
 では、自己破産すると債務者は何もかも失ってしまうのでしょうか。

 答えはNOです。
 自己破産しても、その後生活をしていくのに必要となるものまで全て失ってしまうということはありません。
 高額資産として処分の対象となるのは、換金の評価額が20万円を越えるものというのが原則なので、それを越えない家財道具は対象外となります。

 高額資産の有無は基本的に自己申告となっており、管財人や弁護士が立ち入り調査をして資産を調べるということはごく稀です。
 しかし、虚偽の申告をして後になってその事実が判明した場合には免責が不許可となるがあるので誠実に申告した方が賢明でしょう。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.