借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

管財人とは?


 少額管財によって自己破産の申立てを行う場合には、裁判所が破産管財人を選任します。
 管財人は、債務者が手続きを依頼した弁護士とは別に、管財人の選任候補として裁判所に登録がある弁護士の中から裁判官が選任します。
 管財人の立場と主な役割はどういったものなのでしょうか。

 少額管財は、主に自己破産しようとする債務者に20万円以上の高額資産がある場合、もしくは免責決定の不許可事由がある場合に選択される手続きです。
 その他、債権者数が多い場合や、債務者が個人事業主の場合、第三者に貸しているお金がある場合なども管財人が選任されての手続きとなることがあります。

 破産手続きの開始決定がおりると、債務者は自分自身が保有している資産を自分の自由に処分したりすることができなくなります。
 債務者の保有資産は管財人が管理し、換金処分を行った上で債権者に平等に分配されることになります。
 債権者が債務者への貸付を回収するには、債権の届出をして破産手続きに参加する必要があります。

 管財人は、このような債務者の資産状況の調査と管理の他、免責不許可事由の有無についての調査も任されます。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.