借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

自己破産の費用は?


 自己破産の手続きをするためには、どの程度の費用がかかるのでしょうか。

 もしも弁護士などの法の専門家に頼らず、債務者が自分自身で申立て手続きをする場合には、少なくても3万円程の経費がかかります。
 その内訳は、申立て書類に貼付する1,500円の収入印紙、裁判所に予納金を納めるための予納郵券代がおよそ5千円から2万円、それと裁判所に納める予納金です。
 予納金の額は申立ての内容などによって異なり、同時廃止の手続きで1万円から5万円、少額管財の手続きでは20万円から50万円が必要となります。

 弁護士などの専門家に手続きを依頼した場合には、上記の費用とは別に報酬がプラスになります。
 報酬額は、司法書士への依頼の場合15万円から30万円程度、弁護士への依頼の場合には20万円から60万円程度で、依頼する弁護士事務所によって設定が異なります。
 また、債務者の借入状況によっても費用が変わってきます。

 弁護士などへの依頼費用は、分割での支払いが可能となっている場合が多いのですが、それでも用意が難しい場合には、法律扶助協会の要件を満たせば費用を立替払いしてもらうことができます。
 しかし、法律扶助協会で扶助してもらえるのは弁護士などに支払う報酬のみなので、その他の予納金などの申立費用は自分で準備することになります。
 破産申立費用は、場合によって分割が可能となることもあるようなので、あらかじめ裁判所に確認してみると良いでしょう。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.