借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

個人民事再生は債権を選択できる?


 個人民事再生の制度は、多額の債務を大きく減額することが望める新しい制度として注目度が高まっています。
 複数の債務がある場合、その中の一部の債権だけを選択して個人民事再生の申立てをすることはできるのでしょうか。

 個人民事再生では、自己破産の手続きと同様に、全ての債権を申告して申立てをすることが必要となります。
 個人民事再生は複数の債権があってもそれぞれを個別で扱わず、ひとつの債権として扱うためです。
 従って、特定の債権だけを選択して個人民事再生の申立てをすることはできません。

 もしも一部の債権のみを債務整理したい場合には、任意整理か、もしくは特定調停であれば可能です。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.