借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

無職でも個人民事再生できる?


 個人民事再生は、認可を受けた後、3年という長期に渡って毎月きちんと返済をしていかなければなりません。
 従って、返済に必要なだけの収入を得られる見込みが継続的にあることが利用の要件となります。
 では、現在職を持っていなくても、求職活動中で就職の意思がある場合は利用することができるのでしょうか。

 個人民事再生の申立てをする時点で職に就いていなければ、申立ての要件を満たしていないので制度を利用することはできません。
 どの程度の勤続年数があればよいかということに関しては、個人民事再生を申立てる前後の状況が判断に関係しますので、申立てをする2ヶ月くらい前に就職することができていれば、認可を受けられる可能性はあるといえます。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.