借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

自己破産の申立て後に債権者から取立てを受けたら?


 自己破産の申立てをすると、債権の回収ができなくなると焦った業者によって厳しい取立てを受けるのではないかと心配になる方がいるのではないでしょうか。
 実際にそんなことはあるのでしょうか。

 自己破産の申立てをした場合には、全ての債権者に対し、裁判所から「意見聴取書」というものが送られます。
 これは弁護士などが送付する「受任通知」と同様に、債務者が債務整理を開始した事実を知らせることになるものなので、大抵の金融業者はそれ以降取立てをしてくることはありません。
 債務整理を開始した債務者に返済請求をすることは、法律により禁じられているためです。

 しかし、意見聴取書は即日債権者の下へ届くわけではありません。
 従って届くまでの間は請求の連絡を受けることがあるかもしれません。
 それを避けたい場合には、申立てをするのに併せて自分で債務整理を開始する旨を伝える文書を送っておくと良いでしょう。

 通知をしたにも関わらず返済を迫る業者がいた場合には、社名と担当者名を確認し、当該業者を監督する行政庁に指導の申立てをすることができます。
 その場合には、どのような取立てを受けたかを具体的に伝えられるようにしておきましょう。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.