借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

自己破産すると住む家がなくなる?


 自己破産の申立てをすると、原則として評価額が20万円を越える高額資産は、その後の生活に必要となる家財を除いては全て管財人によって換金処分され、債務の返済に充当されます。
 当然家は20万円を越える価値があるので処分対象となり、競売にかけられるか、もしくは売却されます。
 となると、破産者はすぐに家を出なければいけなくなり、住むところを無くしてしまうのでしょうか。

 家が処分対象になったからといって、即刻出て行かなければいけないということはありません。
 売却や競売にかけたとしても、すぐに買主が見つかるわけではないので、売却先が決まるまではそれまで通りにそこで生活することができます。
 買主が見つかるまでの間に、次に住むところを考えることになるでしょう。

 では、自己所有でなく、賃貸物件に住んでいる場合はどうでしょうか。
 民法では、部屋を貸している相手が破産した時には、家主は賃貸契約を解約できるとしています。
 しかし、自分から告げない限りは、破産の事実を大家さんに知られることはまずないでしょう。

 もし知られることがあったとしても、それまできちんと毎月家賃を納めていれば、誠意を持って話をすれば、無碍に追い出されるようなことはないと思われます。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.