借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

保証人になっているが支払不能な場合


 貸付契約の連帯保証人になり、契約者である本人が支払いを継続できない状況に陥った場合、連帯保証人が代わって債務を負うことになります。
 保証人になることを承諾し、自ら契約書に署名、捺印したのであれば、いかなる事情があっても自分は関係ないということはできません。
 たとえいったとしても、債権者がそのような言い分を聞いてくれることはないのです。

 では、連帯保証人となった貸付契約の返済を債権者に迫られた場合、返済していく資力がない場合にはどうすれば良いのでしょうか。
 返済することができない場合には、任意整理などの債務整理によって返済額を軽減するか、もしくは全く支払うことができないのであれば、自己破産をして債務を免除してもらうしか方法がありません。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.