借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

債務整理をすると保証人はどうなる?


 債務整理を考えた場合、借入契約時に保証人を立てている場合、契約者本人が債務整理をすることによって、保証人はどのような影響を受けるのでしょうか。

 たとえば債務者が自己破産の申立てをして免責が決定した場合、債務者には借入の返済義務はなくなります。
 しかし、契約の際に保証人となった人も一緒に支払義務がなくなるわけではないのです。連帯保証人の債務には何の変更もなく、債権者は保証人に返済を迫ります。
 その場合、保証人には法的に支払義務があるので、自分は知らないとはいえません。

 そのため、もしも債務整理を考える場合には、必ず手続きを進める前にその旨を保証人にも伝え、今後の対応を考えることが重要となります。
 保証人にも返済する力がない場合には、債務を免れる方法は保証人も債務整理をするしかありません。
 だからといって、保証人にかかる迷惑を考えて何の行動も起こさずにいても、事態が好転することはありません。

 きちんと実状を説明し、これからどうするべきかを考えていくことが債務者の義務でもあるのです。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.