借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

債務整理をすると給与はどうなる?


 債務整理をすると、債権者に給与まで差押えられて生活に困ってしまうのではないかと心配する方がいるようです。
 しかし差押えは「民事執行法」という法律による取決めがあり、生活をしていくために必要な給与などの収入を差押える場合には制限が加えられます。
 従って、差押えをされないということはいえまえんが、されたとしても全額の4分の1が上限となります。

 しかし、同時に民事執行法では、最低限の生活をするための必要額についても規定しています。
 従って、その金額である33万円を上回る収入を得ている方の場合には、越えた分の額は全額差押えられる可能性があります。

 また、自己破産の申立てをした場合には、免責が決定されるまでの間、差押えなどの強制執行は全てできないこととなっており、免責が決定すると強制執行は効力自体を失ってしまいます。
 個人民事再生の場合も、再生手続の開始決定が出た後の強制執行はできません。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.