借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

離婚した元配偶者が債務整理をした場合の支払い義務


 離婚した元配偶者に借金があり、本人が支払不能な状態に陥った場合、金融業者は元は夫婦で家族だったのだから代わりに返済してくれないかと連絡してくることがあります。
 しかし前述したように、たとえ離婚していなくても、連体保証人になっていないのであれば返済をする義務はありませんので、キッパリと断っても問題はありません。

 もしも連帯保証人になっている場合には、法的に債務の返済義務を連帯して負うことになるので、離婚しているから関係ないということはできません。
 たとえ他人であっても、連帯保証人として契約書に署名し、捺印していれば、契約者が支払い不能となった場合には、債務の返済義務を負うことになるのです。
 もしも返済能力がないのであれば、債務整理を行うなどしない限りは返済義務を免れることはできません。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.