借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

夫婦で債務を負う「日常家事債務」とは?


 夫婦のどちらかが借金をして返済が滞った場合、貸付をした金融業者が配偶者に返済を請求することがあります。
 しかし、いくら夫婦といえども、連帯保証人となっていない限りは一切返済の義務はありません。
 そのため、支払をする気はないということをはっきりと相手側に伝えることが重要です。

 しかしただ一点、「日常家事債務」と呼ばれるものは特例となります。
 日常家事債務とは民法で定められているもので、日常の家事に関する債務は夫婦で連帯してその責を負うとしているものです。
 日常の家事とは、食料品や薬品など生活に必要なものの購入費用や、教育費、家賃、医療費など、日常生活で必要な支出を指します。
 こうした支出に使うために借りたお金であれば、その返済は夫婦に連帯責任があるということになります。

 しかし、消費者金融業者から借入を行った場合には、金利が高いこと、配偶者に連帯責任を求めるのであれば、契約時に連帯保証人として契約しておくべきであるということなどを事由として、近年ではたとえ生活のために借りたお金であっても日常家事債務として扱わないという見解になっています。

 もしも生活費としてでなく、ギャンブルなどの遊ぶお金のためにできた借金であれば尚のこと返済義務はありません。
 執拗に取立てをする業者がいるような場合には、業者宛に取立てを中止する旨の内容証明を送りましょう。
 あまりにも請求がひどい場合には、貸金業規制法に違反する行為となり、告訴や営業停止を求める申立てをすることも可能です。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.