借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

家族が債務整理をした債権者から請求がきた場合は?


 債務整理を行った家族がいた場合、債権者から他の家族に対してその債務を肩代りして返済してくれないかと連絡が入ることがあります。
 特に中小規模の消費者金融業者からの借入の場合にこうしたことがありがちです。
 このような場合、どう対処すればよいのでしょうか。

 家族が作った借金であれば、人情としては代わりに返さないといけない気になるでしょうが、連帯保証人として契約書に署名捺印していなければ、たとえ家族といえども返済の義務はありません。
 家族の借金は他の家族が支払うものとする法律などないのです。

 むしろ反対に、貸金業法では、連帯保証人でない者に対する取立て行為を禁止しています。
 あまりにも執拗に返済を迫られるような場合には、取立てを中止する内容証明を業者宛に送るか、もしくは監督する行政庁に指導や処分を求めることもできます。
 そのような処置をしても尚連絡してくるような場合には、裁判所に取立て行為禁止の仮処分を求めたり、過度な請求を受けた場合には損害賠償請求をすることも可能です。

 借入を行ったのが我が子であり、その子供が未成年であった場合には、貸金業法の過剰貸付にあたるため、監督する行政庁に苦情を申立てることができます。
 また、親権者の同意なしに行われた貸付契約は、金融業者に内容証明を送ることで無効とすることができます。
 その場合、借りたお金が手元に残っていればそれを返済しますが、残っていなければ返済義務は発生しません。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.