借金返済・債務整理救済マガジン

借金問題解決のための債務整理の知識・種類・手続き・方法・注意点等!

家族に知られずに手続きできる?


 債務整理の手続きを行うことを周囲の人には知られたくないというのは往々にしてあることです。
 中には、一緒に暮らしている家族にも知られないように手続きをしたいという方もいるようですが、そんなことはできるのでしょうか。

 債務整理をしたからといって、裁判所や債権者からその事実を家族に知らせるような通知が届いたり、電話が入るようなことはありません。
 また、弁護士を依頼した場合も同様で、弁護士には守秘義務という依頼者のプライバシーを守る義務があるので、家族といえども債務整理のことを伝えるようなことはしません。
 しかし、絶対に家族に知られないという保証はありません。

 個人民事再生や自己破産の申立てには、一緒に暮らしている家族の収入を証明する書類(源泉徴収票等)や通帳の写しといったものを資料として提出するように指示される場合があり、それらを他の家族が管理している場合には、曖昧な理由で用意してもらうことは難しいかもしれません。

 ヘタな嘘をついてその場は免れたとしても、後でもしも知られた場合には、家族内に波風が起こる原因にもなりかねません。
 そうであるならば、はじめから思い切って素直に打ち明けてしまった方が賢明といえるでしょう。

メニューへ戻る トップへ戻る



copyright(c) 借金返済・債務整理救済マガジン!
All Rights Reserved.